SVHCについて知ろう|海外に持ち出すには

作業員

高懸念物質の活用法

工場

「高懸念物質」と呼ばれるSVHC(Substances of Very High Concern)は、取り扱う際には特別な認可が必要となります。SVHCを利用するためには、有害性などを十分に理解しておく必要があります。SVHCと密接な関係にある法律として「REACH」というものがあり、化学物質の安全性評価の責任が、企業に義務付けられています。

規則により制限がある

エコ

SVHCは和訳すると高懸念物質といい人の体に悪影響を及ぼす物として知られています。REACHによってしっかりと安全管理がされているので、企業はその規則に沿って商品開発などをしなければいけません。

環境汚染物質の分析

工場

発ガン性や生殖毒性があって環境を汚染する恐れが高い物質を、欧州連合ではSVHCに指定しています。ヨーロッパに製品を輸出するには、SVHCが含まれていないか専門の分析機関に調査を依頼する必要があります。

EU諸国への輸出入に注意

作業員

人体や環境への高懸念物質

SVHCは、主にEU諸国で用いられている環境規制で定められている高懸念物質と言われているものです。例えば、発がん性・生殖異常や、環境に著しい影響を及ぼす可能性がある物質などが含まれています。これらのSVHCが含まれている物質を、仮にEU諸国で使用する場合には、特別な許可を取る必要があります。なるべくそれらの物質を使用しない、それに代わる物質を使用するなどの対処が求められることも多く、それに伴い物質調査の重要性が問われています。そこで、最近ではこれらのSVHCを含むかどうかの分析を行い、非含有証明書を発行する法人が注目されているのです。ただしSVHCは、EU諸国のREACH規則において禁止物質とされているわけではありません。例え使用していても、EU諸国に正しく情報を伝達する必要が求められているのです。SVHCのリストは、年々変更を重ねています。今まで使用していた物質が急に認可が必要となる可能性もあり、企業としては迅速な対応が必要なのです。多くの業種で輸出に頼る日本では、SVHC対応は早急の課題となっています。電子・電気機器や自動車業界では、取り組みが業界をあげて推進されてきていますが、まだ徹底されているわけではありません。今後、EU諸国と輸出入で深く付き合っていくためにも、専門のSVHC調査機関を利用することが重要なのです。こうした機関はまだ国内では少ないこともあり、今後多くの参入が見込まれており注目となっているのです。