SVHCについて知ろう|海外に持ち出すには

女の人

規則により制限がある

エコ

SVHCを日本では高懸念物質といいます。このSVHCは成形品に0.1%以上含まれていると少し問題となります。成形品とは既に形になった商品ですので、それを消費者へ提供する場合は、顧客にちゃんと情報を提供しなければいけません。REACHは市場に出される化学物質を管理するための規則です。このREACHによって登録や評価、許可という段階で規制しています。ですから、この3つの段階をクリアしなければ市場に商品を流通させることができません。化学物質を扱う際はそれなりのリスクがあるため、そのリスクを上手く管理しなければいけないのです。ですから規則を作り制限をかけなければいけません。
企業によっては多くの化学物質を扱うところもあります。2007年からは年間1トンを超える化学物質を製造する場合や輸入をする場合は、ちゃんと登録や情報の提供が必須となっています。SVHCは化学物質とあまり意味合いが変わりません。このSVHCは一般的に生活している人たちのそばに必ずあるものです。しかし、そのどれもは形が異なり当然含まれている量も0.1%以下で安心です。化学物質は人の体に有害であるため、できるだけ近寄らないようにしなければいけません。工業地跡などには化学物質が含まれているものが多くあります。鉛や水銀なども人体に悪影響を与える危険物質です。法人はこのように化学物質が人体へもたらすリスクを理解しておかなければいけません。そのためREACHの規則をしっかりと把握しておき、規制にかからないような安全な商品を作る必要があります。